音楽から映画へ【Je vais et viens entre les films et la musique】映画から音楽へ

音楽や映画など、△△年代を回顧したりしながらあくまで主観的にライト感覚で綴るブログです

ダリダ あまい囁き&アランドロン

 

 

f:id:E-montagne:20180527104914j:plain

 

 

 

youtu.be

 

 

いくつか記事を書いてきましたがここでやっとリアルタイムの映画のネタを書きたいと思います(笑)

 Bunkamuraル・シネマで『ダリダ あまい囁き~』を観てきました。

ダリダ&アランドロンの「甘い囁き」(Parole Parole)は前から好きな歌で、始めてまともにCDで聴いたときあまりのかっこよさに恍惚状態になってしまった経験があります。

ダリダ(Dalida)個人の人生については知らなかったのですが、壮絶だったんですね。

この映画、ダリダ役が口パクで歌うダリダの曲に合わせて伝記風に展開されていくのですが、しっとりした部分もありど派手な部分もあり・・・

ダリダ役のスヴェヴァ・アルヴィティ(Sveva Alviti)は目が大きくて、モデル出身なだけあってスラリとしたスタイルが目を惹きます。

が、本物のダリダの方が意外と綺麗かな。芯があるというか。

どっちもイタリア的な美貌ですよね。

 

後半のほう、ギラギラの衣装で歌うシーンでなんとなくシルヴィ・バルタン(Sylvie Vartan)の「ディスコ・クイーン」(Disco queen)を思い出しました。

 

youtu.be

 

ダリダとシルヴィ・バルタンフランス・ギャル(France Gall)、時代的にも外見と音楽性がわりと似てるのでけっこう混乱しちゃう人もいそうですね。

私もやらかしたことあります。

 

ベスト・オブ・シルヴィ・バルタン

ベスト・オブ・シルヴィ・バルタン

 

 

 

アラン・ドロン(役)が出るのかと期待していましたが・・・🙊

実は私ダリダの曲、「甘い囁き」(Parole Parole)しか知らなかったんですよ。

だから今回の映画を観て、「18歳の彼」(Il venait d'avoir 18ans)など、たくさん良い曲があることを知りました。

映画館ではサントラは輸入盤しか売ってなかったのですが、近いうちレンタルかなにかでダリダのアルバムをガッツリ聴くつもりでいます。

それにしてもBunkamuraル・シネマって岩波ホールもそうだけど飲食も禁止だし途中入場も禁止って徹底していますね。どうりで綺麗なわけだ。

 

 

youtu.be

 

パロ~レ パロレ パロ~レ 

 

私はこの「甘い囁き」を、このCDで聴いていたんですけど、

 

ボン・ボン・フレンチ

ボン・ボン・フレンチ

 

 

それよりずっと以前にこの曲を意識したのは、ダウンタウンの浜ちゃんのCMでした。

お酒のCMで、外人女性と一緒に音を外しながらも「ぱろーれぱろれぱろーれ」と歌うのがカッコよく見えて、なんだ!この歌は!と思い続けてきたのです。

 

youtu.be

 

それ以外にこの曲の使用で印象に残っている映画がありまして。

それは2013年に観た『大統領の料理人』です。

 

大統領の料理人(字幕版)
 

 

 

youtu.be

 

つか、予告編が美味しそうすぎて、、、

映画の中に出てくる船員が船の中でやるちょっとしたコントのようなシーンでふざけて歌われているのです。

こちらもまたフランスっぽくて(笑)この歌の使われ方がカッコいいなぁと思った記憶があります。

日本でいうならコメディ演劇で愛し合う二人を表現するのに『世界は二人のために』を唐突に歌うみたいな?

いや、実は昔そういう素人演劇を観たことがありまして.....

 

youtu.be

 

あと「パロレパロレ」って表記するとアレを思い出します。

岡田あーみんの漫画「こいつら100%伝説」の危脳丸が

「僕は危脳丸だよパロレパロレ」とか自己紹介していました。

あと、「それこそフフフ、ラヴィ・アン・ローズ」とかも言ってましたね。

きっとフランス好きなんでしょうね。

 

こいつら100%伝説 全3巻 完結セット (りぼんマスコットコミックス)

こいつら100%伝説 全3巻 完結セット (りぼんマスコットコミックス)

 

 

 

調べたらダリダって本人の曲を日本語でも色々歌ってるじゃないですか。

 

youtu.be

 

フランスギャルも「夢見るシャンソン人形」を日本語で歌っていますよね。

 

youtu.be

 

 

夢みるシャンソン人形~フランス・ギャル・ベスト・セレクション

夢みるシャンソン人形~フランス・ギャル・ベスト・セレクション

 

 

 

当時はフランス人のイケメン、アラン・ドロン(Alain Delon)が日本では大人気を博していたのでしょう。

日本は今でこそ韓流タレントが大人気ですが、60~70年代あたりはフランス人に憧れる人が多かったんでしょうね~

80~90年代はアメリカ人が人気のイメージですが。

アラン・ドロンには何人か子供がいますが、まだ20代前半の俳優の息子(アラン=ファビアン・ドロン Alain-Fabien Delon)もいるらしいじゃないですか。興味あります。

 

f:id:E-montagne:20180527114659j:plain

 

私が好きなアラン・ドロンの映画はう~ん、数年前に新宿のアラン・ドロン映画祭で観た『地下室のメロディ』と『あの胸にもういちど』ですかね。

 

youtu.be

 

 

youtu.be

 

どちらもラストが好きです。

あとその時『ショック療法』なんて映画も観ました。

全裸で走ったりなんかして、エキセントリックな内容だなあと思った記憶があります。

 

youtu.be

 

 

『地下室のメロディ』のテーマも有名ですが、『あの胸にもういちど』のサントラもなかなか良いです。

バイクで颯爽と駆け抜けるマリアンヌ・フェイスフル(Marianne Faithfull)と、衝撃的なラストシーンが音楽によって蘇ります。

この映画のマリアンヌ・フェイスフル、峰不ニ子のモデルになったんですね。

 

f:id:E-montagne:20180527211051j:plain

 

この映画のサントラ、レス・リード(Les Reed)という作曲家が担当しているのですが、名前がルー・リード(Lou Reed)に似てるんで最初ちょっと混乱しました。

 

 

Girl on a Motorcycle

Girl on a Motorcycle

 

 

 

アラン・ドロンの元妻であるナタリー・ドロン(Natalie Delon)はすっごい可愛いと思うんですけど、アランに顔が似てますよね。

最初兄弟か血縁関係かと思いました。

 

f:id:E-montagne:20180527195654g:plain

 

そのナタリー・ドロンの出演作『個人教授』のサントラが、有名な映画音楽家フランシス・レイ(Francis Lai)の担当で、最高なんですよね~。

 

youtu.be

 

個人教授 [DVD]

個人教授 [DVD]

 

 

フランシス・レイは他に『うたかたの恋』(Mayerling)、

 

youtu.be

 

『男と女』(Un Homme et Une Femme)、

 

youtu.be

 

白い恋人たち』(13 jours en France)の曲が有名です。そしてどれも最高です。

オーケストラのサウンドがドラマチックな臨場感を味わわせてくれます。

白い恋人たち』の中では特にこの「ballet apocalypse」が大好きです。

バレエ踊りたくなるわ。踊れないけど。

 

youtu.be

 

よくフランシスレイ作品集とかCDがいっぱい出ています。

絶対にどこかで耳にしたことのある曲があると思いますよ。

私のおすすめはこれです。

 

白い恋人たち~フランシス・レイ作品集~

白い恋人たち~フランシス・レイ作品集~

 

 

こっちもかなり感動的です。

 

「うたかたの恋」/「個人教授」/「太陽のならず者」オリジナル・サウンドトラック

「うたかたの恋」/「個人教授」/「太陽のならず者」オリジナル・サウンドトラック

 

 

 

     🌞     🌞     🌞     🌞     🌞     🌞     🌞     🌞     🌞     🌞     🌞     🌞

 

 

アラン・ドロンについては『ハーフ・ア・チャンス』の記事でも言及しましたけどね。

すごい美形だとは思うんですが私は若い頃のジャン・ポール・ベルモンドのほうが好きですね。

勝手にしやがれ』(À bout de souffle)でバイクにまたがり疾走するとことか、躍動感のある俳優だと思います。

顔も動きも個性的で。

 

youtu.be

 

アラン・ドロンてぶっちゃけ日本が一番人気のある国っぽいですよね。

女優でいうとオードリー・ヘップバーン(Audrey Hepburn)もそうらしいですけど。

なんかわかるなぁ。

 

f:id:E-montagne:20180527211934j:plain

 

本国フランスではベルモンドのほうがかっこいい扱いだったらしいじゃないですか。

フランスって外見が整ってるだけでは人気が出ない国なんでしょうね。

日本でいうアイドルみたいなのもいないようですし。

 

         

       💟     💟     💟     💟     💟     💟     💟     💟     💟     💟     💟     💟     💟

 

 

ちなみにダリダの『甘い囁き』、フランスの若い人にもこの曲が好きだと言う人はけっこういます。

特に歌をやっている人は、このダリダやフランスギャル、シルヴィ・バルタンの歌が定番みたいですね。

あとはエデイットピアフ(Édith Piaf)とかのシャンソン(chanson)も普通にカラオケの定番のようです。

対して日本だと若い人が昔の演歌や民謡とかはあんまり歌わないイメージですね。

 

あ、最後に関係ないけどシルヴィ・バルタンのコレがツボに嵌まったので貼っときます😽

 

youtu.be

 

 

 

dalida-movie.jp